Art & Craft

2020/4/07
以前ぼこぼこになってしまったレジン作品を作った時に、土台に使ったプラバンが剥離してしまったので、
今度は剥離させることを前提で、クリアファイルで土台を作ってみます。
image
形を描いてクリアファイルの切り取り。
プラバンは硬くてカットするのが大変だったのですが、クリアファイルは軟らかくてずっと簡単です。
カットしたクリアファイルに、色付けしたレジンをのせます。
ちょうど風の強い日で、カットしたクリアファイルが風で飛んで行ったりして大変です。
とりあえずレジンをのっけたら重さが出て大丈夫かと思ったのですが、
何とレジンをたくさんのせた後もモチーフが飛ばされて、盛ったレジンが手にべっとりと付いてしまいました。
慌てて手のひらからレジンをかき集め、再度モチーフにのせます。
が、少し薄くなってしまいました。
image
ちょっとべっちょりしちゃった。
そして無事にレジンがクリアファイルから剥がれるかを確認。
image
とても簡単に剥がせました。
ひっくり返してべっちょりなってしまった部分も、簡単に剥がすことができました。
このできあがったレジンの薄い板をベースにして、レジンを盛っていきます。
色を付けたのはベースの部分だけで、あとは全部クリアレジンをそのままのせています。
imageimage
できあがり。
うん!とってもよくできた!
ぼこぼこした感じや光の乱反射の感じも狙い通りです。
大きさや厚みもちょうどよかった。
実はこの厚みを出すまで何度もレジンをのせる必要がありました。
側面は筆を使ってコーティングしています。
image
前のと比べて。
うん。とってもいい感じになりました。
ただ洋梨にヘタを付けるのを忘れたので、
洋梨と言われたら洋梨に見えるというものが出来上がりました(笑)
あともうちょっと黄緑色っぽい方がよかったなぁ。
久しぶりに満足の出来です。
2020/4/02
この間作って失敗してしまったレジン作品なのですが、
ぼこぼこの感じがガラスみたいで綺麗だなぁと感じていて、
今度は失敗しないで綺麗なぼこぼこを作りたいなぁと思っていたので、
レジンをぼこぼこに盛るのに再チャレンジです。
まずはワイヤーワーク。
image
レモンのフレーム以外にも、木や葉っぱなど色々。
色々なものを作って、どんなものができるかまだまだ実験中です。
image
できあがりはこんな感じ。
クローバーは乾燥させた葉っぱにレジンを何層にも塗り固めました。
まだちょっと脆い感じだけれど、なかなか素敵です。
木のものはワイヤーをねじって木の形を作った後、茶色のレジンでコーティングしました。
レジンのワイヤーへの付き具合があまりよくなくて、
下に滴ったりレジンが付いたところと付いていないところに偏ったりして、
こちらもまだまだ研究の余地がありそう。
image
うん、ガラスみたいでなかなか悪くない。
でも何だか綺麗さは、この間の失敗してしまったものの方が上のような気がします(笑)
もうちょっと大きい方がよかったかな。
imageimage
裏は擦りガラス風に仕上がったのでそのまま。ちょっと独特の情緒があります。
image
まずますの成果かな。
2020/4/02
綺麗な花が咲いたので、ほんの少しもらってドライフラワーにします。
image
image
とても綺麗な色だけど、あまり綺麗な色は残らないんじゃないかなぁと思いながら。
今回初めてシリカゲルの再生にチャレンジしたのですが、
タッパーに入れて普段食品には決して使わない電子レンジに入れて加熱したところ、
タッパーが溶けて大きな穴が開いてしまいました。
やっぱり私は電子レンジは使わない方がいい。そう思った瞬間。
今度からは一つ専用のフライパンを作って再生しようと思います。
image
思ったより時間が経ってしまって2週間後。
元の花ほど綺麗な色は残らなかったけれど、
シックでドライフラワーならではの素敵な感じに仕上がりました。
使い道はとくに何も考えていなかったので、とりあえず飾っています。
image
とても素敵な感じです。
2020/4/02
だいぶ前に重い本の下に挟んでおいたオリーブの押し葉っぱ
ずっと気になっていたのですが、余力がなかったのもあって長いこと放置してしまいました。
たぶんうまくできていないであろうと思われるため、見るのが怖かったというのもありますが・・・(笑)
大量に挟んであった葉っぱを取り出します。
image
なんと、まだちょっと生っぽい感じです。
量が多すぎて挟んだ紙を取り換えるのをさぼったからか。
しっかりと乾いたものは乾いたもので、茶色く変色してしまっています。
オリーブの葉っぱはあまり押し葉っぱには向かないのだろうか?と思い、今さらながらネットで調べてみると、
綺麗なオリーブの押し葉の写真がたくさん出てきて、
むしろ、うまく作ればこんなに綺麗な押し葉っぱができるのかと思いました。
どうも、シリカゲルを使って急速に乾燥させるのがポイントらしい。
それで制作方法の切り替え。
image
シリカゲルの中に投入してみます。
もうタッパーが空いていなかったから、袋の中にそのままGOです。
そして数日後。
image
おや。
カリカリにはなったものの、丸く縮んでしまいました。
もう平たい形で硬くなっていたのにおかしいなぁ。
どうやら、挟んだ状態でシリカゲルで乾燥させるという合わせ技が必要だったようです。
こりゃあやり直し。
また葉っぱを切り取るのはオリーブさんに悪いなぁと思うので、
機会を見てもう一度チャレンジします。
2020/3/26
以前レジンで薄いプレートを作って、それを土台にしてレジンを盛ったことがあるのですが、
ハードタイプのレジンは薄いプレートでも結構硬くて、パンチ穴で丸く切り取った時も、
無理やり切り取った感じで横が滑らかではなくバリっぽくなってしまいました。
グミータイプのレジンは固まってもかなり軟らかいので、
土台として切り抜くのには向いているかもしれないと思いました。
プラバンでレジンを盛る土台にすると剥離してしまうので、
土台もレジンで作るという発想です。
image
こんな感じ。
思った通り、とても軟らかくて切り抜くのも簡単です。
image
土台にするには向いているようでした。
あまりそうなグミータイプの使い道(笑)
image
2020/3/23
この間制作したワイヤーのフレームにレジンを流し込む実験です。
image
今度はちゃんとマスキングテープを貼ってチャレンジ。
マスキングテープを裏返しに固定するのにいつも一苦労です。
マスキングテープの両面テープバージョンってないかなぁ。
image
ほんの少しレジン液が漏れてしまいましたが、大体うまく流し込むことができました。
レジン液が漏れないように注ぎ込むのが、思った以上に難しかったです。
硬化させてからはみ出たバリ取り。
ちなみに右上のは、諦めきれなくてプラバンにグミータイプのレジンで再度チャレンジしたのですが、
剥離するかどうかの実験以前に、作品として大失敗してしまいました(笑)
image
完成度は高くないけれど、まぁまぁの出来です。
2020/3/22
先日プラバンにレジンの記事で、上手に作れて満足していた葉っぱさんなのですが、
数日して見ると、内側でプラバンとレジンが剥離し、白ばんでいってしまいました。
image
上手にできていただけに悲しい・・・
プラバンとレジンを組み合わせた作品は巷で数多くあるのに、どうしてこんなことが起こってしまったか?
色々と調べてみて、どうやら、
そもそもプラバンのスチロール樹脂と、UVレジンのアクリル樹脂の相性があまりよくないということ、
そこに更に、星の雫は硬化が早い反面、収縮率が高いらしくて、
そういった相性や組み合わせの問題もありそうな感じです。
そこでプラバンとレジンの間に普通に使うハードタイプではなくて、
グミータイプをクッションとして挟むことで、剥離が起こらなかったという記述を見つけたので、
早速グミータイプも組み合わせて試してみることにしました。
image
そしてまたプラバンの土台作り。
右側のブラシは消しゴムカスを払うブラシです。
image
この間作った葉っぱが、色も形もオリーブの葉にそんなに似なかったので、
形を書き直したのち、色ももっと濃く、今度はパステルで色を付けました。(この間のは色鉛筆)
image
image
焼き上がり。
この間の葉っぱよりは色も形も似ましたが、
ちょっとパステルの粉っぽさが残る感じで、あまり質感が似ていません。
でもこの濃い色の色鉛筆は持っていないので、(マーカーも)
今手持ちの道具ではこれで仕方がない。
image
プラバンにまずグミータイプを盛り、硬化させた後にハードタイプのレジンを盛ります。
なんと!硬化させたそばから剥離してしまいました(笑)
う~ん、これはもっとひどい。
image
・・・
解決策のためにグミータイプを買った割には、
最初から撃沈してしまいました。
グミータイプのレジンなんて、他には蛙の卵を作るくらいしか思いつきません(笑)
image
まだまだ研究の余地がありそう。
2020/3/09
image
最近初めてアクリル絵の具というものを買いました。
私はアクリル絵の具のことはよく知らなくて、ポスターカラーのようなものかななんて思っていたのですが、
最近ちょっと調べてみると、アクリル絵の具はポスターカラーと全然違って、
そして普通の水彩絵の具とも全然違う画材なのだということを知りました。
自分はアクリル絵の具を持ってもいなければ、触ったこともないのだなと知り、
いくつか調べてみて、ひょっとしたらこれは私に向いているかも・・・と思ったのもあって、
散々調べたのちの購入です。

水彩は結構計画性が必要で、私はあまり得意ではなかったのです。
筆にもあまり慣れていなかったり、紙が高くてもったいなかったのもあって、あまり練習したこともありません(笑)
絵は大好きなのですが、絵を描くこと自体はちょっと敷居が高かったりするのです。
それで、もしかしたらどうも私は水彩はあまり向いていないのかもしれない・・・と最近ふと思い、
以前から薄々感じてはいたことだったのですが、
自分は油絵の方が描けるんじゃないだろうかという想いがありました。
上に重ねて描き込んでいく技法の方が向いているような気がするなぁと感じたのと、
何となく前世で、油絵はしていたことがあるような感覚があったのです。

でも私は結構な化学物質アレルギーだったのもあって、
油絵には十代の頃からとても興味があったのですが、
安全な材料はあるのか、どういう材料を用意すればいいのか分からなくて、
今でもとても気になるのですが、結局長い間、油絵はやらずじまいになってしまっています。

そんなところで調べたアクリル絵の具だったのですが、
これは思った以上に水彩絵の具と性質が違い、水で薄めて水彩のように使うこともできるけれど、
油絵のような描き方もできるということなのです。
油絵は描いてから乾かすのに時間がかかるそうなのですが、
アクリル絵の具はどんどん乾いていくらしいので、短気な私にもぴったりそうです(笑)

そしてもう一つ、最近買ったリンゴがあまりにも綺麗な色だったので、
その濃い赤のコントラストを描けたらいいなと思っていたのですが、
アクリル絵の具だったら、そのリンゴの綺麗な色が出せるんじゃないかなと思ったのです。

こちらがモデルのリンゴ。
image
写真にはあまり綺麗に写らなかったのですが、色の境目の美しさがあまりにも綺麗すぎて、
もったいなくてなかなか食べられません。
image
まずは下描き。
image
制作風景。
実はちゃんとした絵にはあまりチャレンジしたことがなくて、
これくらいちゃんとした絵を描くのは初めてかもしれません。
一度初めてのアクリル絵の具を触ってみるためにも別の絵にもチャレンジしたのですが、
ケント紙に描いたらふやけるし薄め方は分からないし色合いはおかしいし大失敗したので載せません(笑)
アクリル絵の具の扱いにも慣れていないので、おっかなびっくり作業します。(案の定服についた)
今回初めてメディウムというものを使ったのですが、これも慣れていなくて、
グロスメディウムを買うつもりが、ジェルメディウムを買ってしまっていました。
まぁ艶が出ればいいや。
image
何とまぁ、この間の失敗はどこへやらというくらいに上手に描けました。
モデルのリンゴの色の美しさを綺麗に描くことができました。
でも思いのほかアクリル絵の具の発色がよくて、現物より鮮やかなくらいです。

アクリルガッシュ絵の具ではないのですが、ガッシュ風に重ねる描き方をしてみて、
やっぱり私にはこの描き方の方が向いていそうだと感じました。
でも絵を描くこと自体には、ずっと描く習慣がなかったからか、
あるいは上手に完成させなきゃという気持ちがあってしまうからか、(普段描く習慣がないから、失敗した時のへこみ方が大きい)
まだまだ気持ち的なハードルが高くて、
次にチャレンジするのはもう少し先になりそうです。
毎日チャレンジするアクリル絵の具週間もやってみたいな。
2020/3/01
ワイヤーのフレームにレジンを注ぎ込むのがうまくいったので、
もっとたくさんフレームを作ります。
image
棒などに巻き付けたワイヤーをカットし、形を合わせてフレームにします。
image
細いものや小さいものはとても難しい!
結構時間がかかりました。
途中、時間をかけて必死で作っているのが単なる丸カンであることを意識し、何だか空しくなりました。
image
image
こんな感じ。
ちゃんとマスキングテープに貼らずに作ったので、結構はみ出してしまいました。
でも色々応用が利きそうな技法です。
2020/3/01
今までは土台や何かに乗っけたりするだけだったのですが、
自分でフレームを作ってみたくなり、
ワイヤーをどうにかこうにか曲げていきます。
うまくレジンが盛れるか分からないのでまだお試しです。
image
色々な形が出来上がりました。
裏返したマスキングテープにフレームを貼って、レジンを盛ります。
image
うまく盛れました。
でもマスキングテープに貼ったからか、裏面がちょっとざらざらした感じになるようです。
裏にもレジンを盛る場合には見えなくなると思うのですが、
そうでない場合はざらざらした質感が見えてしまいます。
でもこれはこれで綺麗といえば綺麗。どういう感じに仕上げたいかにもよります。
image
シリコンの上でマスキングテープに貼らずに直接流し込んだものと、裏側にも盛ったもの。
マスキングテープに貼らずに流し込む場合には、レジンが枠からはみ出していきやすそうです。
image
まだまだお試し中。
1 2 3
Back
TOP