Art & Craft

プラバンとレジンの剥離
2020/3/22
先日プラバンにレジンの記事で、上手に作れて満足していた葉っぱさんなのですが、
数日して見ると、内側でプラバンとレジンが剥離し、白ばんでいってしまいました。
image
上手にできていただけに悲しい・・・
プラバンとレジンを組み合わせた作品は巷で数多くあるのに、どうしてこんなことが起こってしまったか?
色々と調べてみて、どうやら、
そもそもプラバンのスチロール樹脂と、UVレジンのアクリル樹脂の相性があまりよくないということ、
そこに更に、星の雫は硬化が早い反面、収縮率が高いらしくて、
そういった相性や組み合わせの問題もありそうな感じです。
そこでプラバンとレジンの間に普通に使うハードタイプではなくて、
グミータイプをクッションとして挟むことで、剥離が起こらなかったという記述を見つけたので、
早速グミータイプも組み合わせて試してみることにしました。
image
そしてまたプラバンの土台作り。
右側のブラシは消しゴムカスを払うブラシです。
image
この間作った葉っぱが、色も形もオリーブの葉にそんなに似なかったので、
形を書き直したのち、色ももっと濃く、今度はパステルで色を付けました。(この間のは色鉛筆)
image
image
焼き上がり。
この間の葉っぱよりは色も形も似ましたが、
ちょっとパステルの粉っぽさが残る感じで、あまり質感が似ていません。
でもこの濃い色の色鉛筆は持っていないので、(マーカーも)
今手持ちの道具ではこれで仕方がない。
image
プラバンにまずグミータイプを盛り、硬化させた後にハードタイプのレジンを盛ります。
なんと!硬化させたそばから剥離してしまいました(笑)
う~ん、これはもっとひどい。
image
・・・
解決策のためにグミータイプを買った割には、
最初から撃沈してしまいました。
グミータイプのレジンなんて、他には蛙の卵を作るくらいしか思いつきません(笑)
image
まだまだ研究の余地がありそう。
Back
TOP