Art & Craft

ラベル「自然素材」の記事を表示
2020/4/02
綺麗な花が咲いたので、ほんの少しもらってドライフラワーにします。
image
image
とても綺麗な色だけど、あまり綺麗な色は残らないんじゃないかなぁと思いながら。
今回初めてシリカゲルの再生にチャレンジしたのですが、
タッパーに入れて普段食品には決して使わない電子レンジに入れて加熱したところ、
タッパーが溶けて大きな穴が開いてしまいました。
やっぱり私は電子レンジは使わない方がいい。そう思った瞬間。
今度からは一つ専用のフライパンを作って再生しようと思います。
image
思ったより時間が経ってしまって2週間後。
元の花ほど綺麗な色は残らなかったけれど、
シックでドライフラワーならではの素敵な感じに仕上がりました。
使い道はとくに何も考えていなかったので、とりあえず飾っています。
image
とても素敵な感じです。
2020/4/02
だいぶ前に重い本の下に挟んでおいたオリーブの押し葉っぱ
ずっと気になっていたのですが、余力がなかったのもあって長いこと放置してしまいました。
たぶんうまくできていないであろうと思われるため、見るのが怖かったというのもありますが・・・(笑)
大量に挟んであった葉っぱを取り出します。
image
なんと、まだちょっと生っぽい感じです。
量が多すぎて挟んだ紙を取り換えるのをさぼったからか。
しっかりと乾いたものは乾いたもので、茶色く変色してしまっています。
オリーブの葉っぱはあまり押し葉っぱには向かないのだろうか?と思い、今さらながらネットで調べてみると、
綺麗なオリーブの押し葉の写真がたくさん出てきて、
むしろ、うまく作ればこんなに綺麗な押し葉っぱができるのかと思いました。
どうも、シリカゲルを使って急速に乾燥させるのがポイントらしい。
それで制作方法の切り替え。
image
シリカゲルの中に投入してみます。
もうタッパーが空いていなかったから、袋の中にそのままGOです。
そして数日後。
image
おや。
カリカリにはなったものの、丸く縮んでしまいました。
もう平たい形で硬くなっていたのにおかしいなぁ。
どうやら、挟んだ状態でシリカゲルで乾燥させるという合わせ技が必要だったようです。
こりゃあやり直し。
また葉っぱを切り取るのはオリーブさんに悪いなぁと思うので、
機会を見てもう一度チャレンジします。
2020/2/23
この間シリカゲルに埋めたドライフラワーを取り出しました。
1週間でよかったところ、取り出すのにちょっと勇気が必要で10日も空けてしまいました。
image
おそるおそる・・・
image
十分にパリパリに乾いていました。
ピンセットを使うより、お箸の方がやり易かった。
image
乾燥させて再生させなくてもまだシリカゲルが使えそうに思えたので、
よくばってもうちょっとだけ花を摘んできました。
これはまた1週間シリカゲルに埋めます。
image
ドライフラワー作りは初めてだったのですが、
思ったよりも綺麗にできていてびっくりしました。
とくにオレンジ色の花は、咲いている時と変わらないくらい綺麗な色合いです。
image
とても素敵にできた。
2020/2/13
昨日ドライフラワーのためにオリーブの葉っぱを摘んだばかりだったのですが、
予期せずしてオリーブの葉っぱがたくさん手に入ってしまったため、
今度は普通に押し花ならぬ押し葉っぱにしてみます。
image
作り方をよく覚えていないのですが、
並べて紙に挟んで、ぎゅっと重しをしてみます。
image
何重にも重ねてしまったので、うまくできるかちょっと心配。
2020/2/12
今日も新しいことにチャレンジです。
まだ自分のやったことのないことは特に、始めるのに結構勢いがいったりするので、
毎日の創作の習慣を味方に、一気にチャレンジしてしまいます。

それでお花摘み。
たくさんの可愛い植物が採れました。
image
何を作るかというと・・・
image
これはシリカゲルです。
埋めてドライフラワーにします。
粉末のシリカゲルを扱うのも初めてであれば、ドライフラワー作りにチャレンジするのも初めて。
うまくできるかだいぶ心配なのですが、やってみないとどんな感覚か全く分からないのです。
お花の砂糖漬けみたいで可愛い。

ちょっと欲張って植物を採り過ぎてしまいました(笑)
1kgのシリカゲルを使い切り。
一般的に青色のものも多くて、そちらは湿気を吸うと色が変わって分かりやすいようなのですが、
白くて湿気を吸っても色が変わらないこちらの方が環境によさそうだったので、白いタイプにしました。
湿度を吸っても色が変わらないため、初心者には若干分かりづらいのですが、
シリカゲルの説明の袋に、白いタイプは塩化コバルトを使っていないので肌が敏感な人でも安心とのこと。
そのためなのか、青いシリカゲルの説明には土に戻すか燃えないゴミとして捨ててくださいと書いてあるのですが、
白いタイプは燃えるゴミで出しても大丈夫なようです。
私はシリカゲルのことをよく知らず、もっと化学的なものなのかと思っていたので、
土に戻したりもできるなんてびっくりでした。

タッパーを閉めて一週間待ちます。
綺麗にできるか心配楽しみです。
1
Back
TOP