Game

N64

GC

DS

Wii

3DS

どうぶつの森

Nintendo64の頃に初めて発売されて、以来シリーズ化して様々なハードで出ている大人気ゲームです。
どうぶつの森が一番最初に出た64後半時代、私はあまり熱心にゲーム情報を集めていなかったのもあって、
発売直後はどうぶつの森のことを全く知らなかったのですが、
その頃たまたま見たゲーム関係のサイトで、どうぶつの森のことがちょっと書かれていて、
それはゲーム内容というより、どうぶつの森でファミコンのゲームが遊べるという話だったのですが、
それで興味を持って、任天堂公式ホームページでどんなゲームだろう?と調べていたら、
ゲーム内でファミコンゲームが遊べるというだけではなく、
様々な音楽をかけたり、様々な家具を入手して暮らしたり、
とてもおもしろそうなゲームだなと思って大変興味を持ちました。

それで早速ゲームを購入して、私と家族との長い村暮らしが始まりました。
当時はまだ家族と住んでいて、兄弟もまだ学生で一緒に遊べる時間があったのもあり、
村に4軒建てられている家がちょうど埋まり、(妹はすぐに離脱した)
果物を集めてお金を稼いだり、魚を釣ったり虫を集めたり、
村人との会話ややり取りを楽しんだり、
とたけけライブを聴いてミュージックを入手したり、花に水をあげたり、
様々な家具を集めて部屋を好きに飾り付けたり、手紙をやり取りしたり、
それはそれは楽しい村暮らしが長く続きました(笑)
ある意味、衝撃的なおもしろさのゲームでした。

私は創造的なゲーム、製作者の人たちの創造性と情熱がたくさん詰まったゲームが好きで、
それを存分に感じるゲームでもありました。
遊んでいると製作者たちの楽しい気持ちを持って制作した想いを、とても感じることのできるゲームです。
(シリーズの続編が出るごとに規模が大きくなっていくので、作るのも大変じゃないかとも思うのですが(笑))
出てくる家具や便せんや様々なもののデザインもとても素敵で、
自分がデザインに興味があると気付いていなかった頃からも、大きく影響を受けていたゲームの一つです。


やはりとてもおもしろいゲームだっただけあって、その後どんどん人気が出て、
今では大人気シリーズの一つになりました。
それで様々なハードで続編が出ているのですが、続編が出るごとに新しい遊びやシステムが導入されたり、
家具の種類がもっと増えたり、ますますパワーアップして帰ってくるのです(笑)
1個だけ難儀に思うのは、シリーズを追うごとにできること、やれることがどんどん増えた代わりに、
やらなきゃならないこと、やらなきゃならないように感じることがとても増えて、
ゲームに費やさなければならない時間が多くなってしまったり、
何だかちょっと、気楽に遊ぶというよりは義務的にやらなきゃならないと感じるタイミングがあったりすることなのです。
たくさんお花を育てたいけど、水やりをしないとどんどん枯れていく…とか、
村人にこまめに話しかけないと、いつの間にか引っ越していなくなってしまう…とか。
製作者の人はずっとゲームに携わっているので忘れてしまいがちだと思うのですが、
ゲームをメインに生きている人でなくても、もう少し気楽に遊べるような風にしてシステムバランスを取ってほしいなぁと思います。
現代人、大抵の場合はただでさえ何かに追いかけられていますから。

もう一つ、ゲーム内では現実の世界の時間に沿って、リアルタイムに時間が経過していくというのがあって、
それはライブ感のある、どうぶつの森の大きなおもしろさの一つなのですが、
時間をいじることに関するペナルティが大変大きいのです。
もちろん時間をいじることでずるっこして、悪い遊び方や人に迷惑をかけることを防止するという意味ではいいのですが、
ライフスタイルというのは人によりさまざまで、
そういうずるっこ目的でするのでなければ、もっと時間を操作することに関して緩和してほしいと思うのです。
たとえば、いつも夜に遊んでいても、時には昼間の村を歩きたかったりするのです。
ゲームとして楽しみ、雰囲気を味わうことを、もう少し自由にできるようにしてほしいのです。
ずるっこ目的と、そういう時間帯を選びたいという気持ちと、
もう少しうまくセパレートできないかなと思うのですが。


いつもびっくりするほどパワーアップして帰ってくるので、
これから先も大変楽しみなゲームです。
書いていて猛烈にまた村に行きたくなってしまいました(笑)
時々本当にくつろぐ気持ちで、ゆっくりと遊びたくなるゲームなのです。
Back
TOP