Game

1996年3月21日発売

SFC

星のカービィ スーパーデラックス

スーパーファミコン時代に発売された、星のカービィのアクションゲームシリーズの4作目です。
カラー的にはファミコン版星のカービィの純粋な後継作という感じで、
カラー的に本編の星のカービィシリーズとは少し違う感じのする星のカービィ2とは違い、
カービィらしさをとても感じるゲームでもあったりします。
FC版星のカービィ夢の泉の物語も、完成度のとても高い作品に仕上がっていて、
ファミコンソフトとしてはボリュームがあり、またグラフィックなどもとても凝っていて綺麗なため、
“カービィらしさ”が印象に残る、とても印象深い作品として記憶に残っているのですが、
星のカービィスーパーデラックスは、そのカービィシリーズのカラーを純粋に引き継ぎながら、
スーパーファミコンソフトになってとてもパワーアップして戻ってきたような感じです。
スマブラなども制作したカービィの生みの親である桜井さんが制作に携わっているのもあってか、
ゲーム性もとても高いものに仕上がっています。
ステージが起伏に富み、様々な雰囲気の場所があるため、
遊んでいるとまるで色々なところを旅しているような気持ちになって、
何だか満足感のある、とても楽しい気持ちになってくるのです。
私の一番遊んだ、そして一番お気に入りのカービィシリーズだったりします。

とにかくデラックス

このゲームはスーパーデラックスと銘打っているだけあり、中身も非常にデラックスな作りになっています。
その後のスマブラなどの全て盛り込んであるのか!というほどの作りを見ると、
このサービス精神はこの辺りで発現していたかもしれません。(カービィシリーズの制作はスマブラと同じHAL研究所)
このゲームでは基本は同じアクションゲームなのですが、様々なモードに分かれていて、
選んだゲームによって少しずつルールが違ったりしています。
最初に選べるモードは少ないのですが、ゲームをクリアしていくと、
時間制限のあるメタナイトの逆襲、能力を敵からコピーすることができない銀河にねがいをなど
様々なモードが遊べるようになります。
そしてその一つ一つのボリュームが大きいものが多く、
一つでもゲームになりそうなものなのにそれが4コも5コもあるので大変ゴージャスな感じです。

協力プレイが楽しかった

私が中でもお気に入りだったのは、洞窟脱出を目指しながら洞窟の中にある様々な宝物を発掘する洞窟大作戦で、
起伏に富み、様々な雰囲気の場所がある広大な洞窟を進みながら、
色々な(おもしろい)お宝を60コも集めていくのは、とても楽しかったです。
そしてスーパーデラックスでは、2人で一緒に遊べる協力プレイができるのですが、(その混在っぷりは何となくスマブラに近い)
協力したりちょっと邪魔してみたり、一緒に様々な能力を使ってゲームを進めていくのとても楽しく、
弟と一緒に何度も何度も遊びました。
何度も遊びすぎた結果、私の持っているゲームでは初めてのことだったのですが、
ロムがちょっとおかしくなり、画面がちらつくようになってしまいました。
本当に遊びこんだゲームだったのです。

能力別アクションがおもしろい

このゲームではカービィは、敵を飲み込むことで敵の能力をコピーすることができるのですが、
コピーできる能力の数は全部で24種類!
そしてその能力の一つ一つが、独自の特徴的な操作法を持っていて、
大抵の能力はYボタンで攻撃など、基本的ないくつかの操作はあるのですが、
コピー能力の中には特殊な操作方法を持つ能力がいくつもあって、
それらを使いこなしていくのがとても楽しかったりするのです。
普通に操作していてもクリアできるのですが、何周もしている上級者(?)となると、
その能力をいかに美しく使って進んでいくかなど、何だかよく分からないストイックな趣味性が出てきたりなんかして、
またいつもと全然違う能力で進めていくことで、ゲームの難易度や印象も変わったりするので、
それが何回遊んでも飽きない要因の一つかもしれません。
能力が個性豊かで、人によってお気に入りの能力がいくつかあったりして、
私はウィングやパラソルやソードが(羽が好きなのと空を飛ぶのが好きなのと素早く自由に移動できるのと、デザインがよかった。あと操作に色々技術を盛り込めるので楽しい)、弟はプラズマやジェットが好きだったり、
そんなコピーできる敵をゆずってあげるのも(その能力の仲間を出現させるのも)、協力プレイの醍醐味の一つです。

曲が素晴らしい

そしてもう一つ、スーパーデラックスで印象深かったのが音楽です。
曲として素晴らしい曲が多くて、スーパーデラックスの曲には大好きなものがたくさんあったりします。
今でも私のスマホには、スーパーデラックスの曲がたくさん入っています。
スマブラのカービィステージのBGMにも使われたグルメレースの曲、
もう少しマイナーな2つ目のグルメレースの曲も、途中で曲調が変わる箇所がありぐっと来ます。
白き翼ダイナブレイドのフィールドの曲にマシュマロ城の曲、銀河にねがいをの曲の数々、
洞窟大作戦の曲の数々に、VS.マルクのもの凄くかっこいい曲、
印象深い曲が盛りだくさんです。
何気にカービィシリーズにはとても好きな曲が多かったりします。
私が最近ヴァイオリンで練習している曲も(素人ですよ…)スーパーデラックスの曲はとても多かったりします。

星のカービィのサイト

私にとってはちょうど、私の初めてのホームページだった星のカービィのページを運営していた時期に近く、
そんな頃にそんなおもしろいゲームが出ていたわけですから、ますますカービィ熱も熱かったわけです。
洞窟大作戦のお宝のアイコンをドット絵で全て作ったりね。
私と同じようにカービィのページを作っている方たちと友だちになったり、子どもたちがたくさんサイトに遊びに来てくれたり、
とにかくとても楽しい時期だった・・・
まだインターネットがそんなにメジャーでない頃から、だんだんとメジャーになり始めていた時期で、
子どもたちも趣味でホームページを作ってみたりしていたのです。
その後私は体調のこともあってか元気がなくなり、ホームページを閉鎖してしまったのですが、
その頃の姉妹ページは未だに健在だったりします。(もう20年前…)

デザインが美しかった

私が星のカービィシリーズで大きく影響を受けたものは、画面の美しさやデザインだったりします。
夢の泉の物語で色や画面のデザインの美しさに興味を惹かれ、
スーパーデラックスはより深みと奥行きを増した様々な美しいデザインに非常に興味を持ちました。
私がデザインに興味を持った原点の一つだったりします。

カービィシリーズのカラーが変わってきた

その後カービィシリーズはちょっとカラーの違うものが多くなってきてしまったような感じで、
カービィ好きだった私にとっては何となく、“これはカービィじゃない”と感じることが増えていきました。
確かにカービィのキャラクターを使っているのですが、絵の雰囲気、世界観、
何となく星のカービィの雰囲気がしないように感じられてしまったのです。
それはもしかしたら、夢の泉の物語やスーパーデラックスが大好きで、
自分の中にすでにそれが織り込まれてしまっているからかもしれません。
途中まではカービィシリーズのゲームは全て持っていたのですが、ある時期からだんだんとついていけなくなり、
カービィシリーズでどういうゲームが出ているのかさえよく分からなくなってしまいました。
またあの頃感じたようなカービィシリーズに触れられたら、凄く幸せなのですが。
私がカービィシリーズに受けた影響は大きく、ウェブページをたくさん作るようになったのも、
スタートはカービィシリーズがあったからだという気がします。
Back
TOP