Game

N64

64DD

マリオアーティストシリーズ

NINTENDO64のオプションとして出た、マイナーなサービスランドネットDDに入ると遊ぶことができた、
64DD(ディスクドライブ)で配布されたソフトのシリーズです。
64DDを単体で入手することはできず、64DDを入手するためにはランドネットDDというサービスに加入する必要があったのですが、
会員になると、ディスク(ソフト)は基本的に全てタダで入手することができました。
というより、欲しい欲しくないに関わらず一方的に送られてくるので、
64DDを持っていると必然的に全てのソフトを遊ぶことになりました(笑)
自分の好みに関係なく届くのもあって、やはりお気に入りになるゲーム、そうではないゲームがあったのですが、
何だかちょっと異色の、楽しいサービスでもありました。(これもまた1年と短かったので残念なのですが…)

その中でもタレントスタジオ、ペイントスタジオ、ポリゴンスタジオの3部作は、(コミュニケーションキットというのもありました)
SFC時代のマリオペイントの流れを汲む、創造の喜びを味わえるゲームで、
マリオペイントが大好きだった私にとっては、とても嬉しかったゲームです。
タレントスタジオ、ペイントスタジオもそこそこ遊びましたが、
中でもポリゴンスタジオはちょっと特殊なカラーを持っているというか、
一時期かなり大ハマりしたゲームでもあるのです。

ペイントスタジオ

一番スーファミ時代のマリオペイントに近い、その名の通り、平面のお絵描きを楽しむことのできるソフト。
マリオペイントは1つのソフトで完結していたのもあってか、作曲などできることが多岐にわたっていたのだけど、
今回は3部作で出たのもあって、ペイントスタジオではできることはそこまで多岐にわたってはいなかった。
(サウンドメーカーというのも出る予定だった。凄く楽しみにしていたのだけど・・・)
スーファミ時代のマリオペイントより、ペイントソフトとして性能や、様々なことがパワーアップして、
もっと丁寧な絵を描けるようになったけれど、
逆に操作が大変にも思えたことや、パソコンでお絵描きできるようになっていたのもあってか、
そこまで丁寧に絵を描いて仕上げた覚えはなかった。

タレントスタジオ

ちょっとおもしろい異色作(笑)
ポケットカメラやデジカメなどを使って、写真を撮って自分の顔や友だちの顔などをゲームの中に取り込んで、
(画像などを取り込むためのキャプチャーカセットというものがついていた)
オリジナルのタレントを作って、おもしろい動作をさせたりおもしろいセリフを入れたりしながら、
かなりおふざけして楽しむことのできるゲームだった。(その後のMiiなどの原型になったらしいです)
その頃、我が家では、ちょうど弟の友達たちがよく家に集まって遊ぶようになっていて、
(ちょうどポケモンとかが流行っていてみんなポケモンをやっている頃だった)
その友だちのおもしろい子がおもしろい顔をして写真を撮られて、
そのおもしろい顔のタレントが変な声を出しながら画面上で変なダンスを踊っている姿は、
今でもとても印象に残っている(笑)みんなで爆笑して大ウケしていたのを思い出します。
何が残るというわけでもなく、非常に楽しむことのできる、
ちょっとライブ感のあるソフト。

ポリゴンスタジオ

64DDのゲームの中で私が一番はまったゲーム。
その名の通り、ポリゴンで乗り物なんかを作ることができるのですが、
その作った乗り物に乗って、ポリゴンの世界「じっけんワールド」を探検して回ることができるのです。
その探検をして回れる世界というのが、かなり広大で、造りが雑で、ちょっとカオスというか、まるで混乱した頭の中のように、
とても不思議な感じがするような世界なのです。
ステージ名をとっても、はじめターミナル、ポリゴネシア、空中庭園ポリゴナー、鋼鉄動力神殿、ひろちゃん穴、
節足ピラミッド、すべりすべり、アクアリウムな午後、中枢フェノミナンと、
そのカオス感を少しイメージしていただけると思います(笑)
そこを自分でその世界を探検して入手したパーツなどを組み合わせながら、乗り物をどんどんパワーアップさせて、
それまでできなかったことができるようになったり、行けなかったところに行けるようになったり、
かなり探索要素のある、とてもおもしろいゲームだったという記憶があります。
再度遊ぶ機会がなかったのですが、また遊んでみたらどんな感じがするだろう・・・とちょっと気になっているゲーム。
ディスクシステムよろしくディスクがダメになっていないといいのですが(笑)
このゲームはバギーブギーという64で初期のうちから開発されていたゲームを吸収したそうで、
初期の開発中のアナウンスを長く見ていたのもあってか、どんなゲームかと気になっていたのですが、
後で知って、あぁあのゲームだったのね!という感じでした。
できなかったことができるようになっていくことや、広大な未知の世界を探索して回ること、(カオスなので本当に未知です)
その上に自分で集めたエンジンを、自分で作った乗り物に組み込んでいくという要素、
様々なおもしろさに溢れていたゲームです。

そしてもう一つ印象深かったのが、おまけで遊べるミニゲームでサウンドボンバーというのがあって、
音楽にノリながらその時一瞬で出てくる即興ミニゲームを、シンプルな操作でこなしていくゲームなのですが、
これは実は、メイドインワリオの元になっているゲームでもあって、
これもまた当時シンプルながら、そのノリのよさと笑えるおもしろさにハマったゲームでもあります。
(ゲームが出た後に、もっとバージョンアップした形でメイドインワリオが出てきた)



ちょっと貴重な感じのする64DDのサービスだったのですが、
サービスの感じがあんまり好きにならず、全体としてはあまりハマりきらなかったという側面もあったのですが、
何だかその時代の独特の楽しさのようなものがありました。
言うなれば、パソコン初期に感じたような感じにもちょっと近い、
ハイテク機器で何かおもしろいことができる、できそうな未来に対する期待感のような、
そんな楽しさが詰まったサービスでもありました。
送られてくるディスクは造りがよくてかっこいいし、DDにディスクを入れる拡張性の楽しさや、
とても様々なことができるようになってきた頃の、未知の可能性に満ちた楽しさ、
そういう楽しさがたくさんあったような気がします。

つい最近になってこの記事を書く時に改めてサービスのことを調べていて、
そのサービスに加入していた人の人数が1万5千人、(実質1万500人くらいだったらしいです)
言い換えればこのゲームを遊んだ人たちというのが、たったのそれだけの人数だったということに衝撃を受けました。
非常におもしろい良質のゲームも多くあったので、何だかとてももったいない感じです。
任天堂に販売権がなかったとか、何だか色々らしいのですが、
これだけ個性的でおもしろくて良質なゲームが、たったそれだけの人しか遊ぶチャンスがなかったというのは、
本当にもったいない感じです。
いつかリメイクという形でも、何らかの形でまた世に出てこないかなぁと思います。
Back
TOP