Game

1995年10月27日発売

SFC

パネルでポン

スーパーファミコンで発売された、可愛い妖精たちが主人公のアクションパズルゲームです。
私がかなりの名作ソフトと思っているものの一つで、とてもお気に入りです。
このゲームのシステムの完成度、名作っぷりの割には、
割とマイナーなソフトだったのではないでしょうか?
それもあるのか、その後も様々なハードでしばしば新作が出たりしています。

サテラビューで初めて遊んだ

私がこのゲームを初めて遊んだのは、発売前にサテラビューで放送されたお試し版でした。
無料で遊べる任天堂のゲームということで、もちろん受信したのですが、
ゲームを起動して最初に思ったこと、「なんじゃこりゃ」(笑)
任天堂の他のソフトと違い、少女漫画やファンシー系を彷彿とさせるあまりにも可愛すぎるキャラクターや世界観に、
任天堂はどうしてしまったんだと思いました(笑)
それで最初は躊躇してしまいました・・・(笑)
そんな可愛すぎる世界観、キャラクターもゲームを遊ぶにつれて、むしろとても好きになってしまって、
たぶん私と同じようにすっかりはまってしまったのか、未だに
やっぱりパネルでポンは妖精さんだよね!と思うくらいの熱いファンの方も多数のようです。

高い完成度のゲーム

このゲームで世界観、キャラクターとともに重要なのは、
そのゲーム性の高さだったりします。
一応基本はパズルゲームなのですが、ジャンル名がアクションパズルとなっているように、
アクション要素の高いパズルゲームでもあるのです。
よくある落ち物ゲームとは違い、このゲームでは画面上にある全てのパネルを動かすことができるのですが、
それが非常に高いゲーム性を生んでいます。
基本は同じ種類のパネルを縦横に3つ並べることで、そのパネルが消えるというシステムなのですが、
パネルが消えた時、上に乗っていたパネルが落ちることによって、
次々とパネルが消える連鎖が生じることがあります。
パネルが消えている間もカーソルを動かしたり、別のパネルを動かすことができることがこのゲームの大きな特徴で、
パネルが消えている間に他のパネルを下に持ってきたり、上の落ちてくるパネルを動かしたり、
あるいは上のパネルが落ちてくるタイミングで、横のパネルを落として挟み込んだり、(ちなみにアクティブ連鎖と言います)
このシステムが高いゲーム性を生んでいて、そして最初のパネルでポンですでに完成度の高いシステムであったため、
ずば抜けたパズルゲームになっているように思います。
個人的には、他のもっとメジャーな落ち物パズルよりも、ずっと凄いゲームだなと感じています。

かなりはまった

私自身、ゲームがとてもおもしろかったのもあってすっかりはまってしまい、
かなり長い間遊んだゲームの一つです。
パネルでポンのもう一つの特徴は、中毒性があるということなのです・・・(笑)
遊びすぎると、ゲームを終えても頭の中でパネルを消していたりしてね。
最近は個人的にはこの症状は要注意だなと思い、何でもそうならない程度にしているのですが。
そんな感じでゲームに凄くはまってしまい、ゲームの腕もどんどん伸びていき、
このゲームに関しては今や私はかなり上手な方です。
アクティブ連鎖ができるようになってくると、ゲームのおもしろさが格段にアップするのです。
初期の頃こそ難しかったのですが、親切なチュートリアルがついているため、
少しずつできるようになってきたりします。

インテリジェントシステムズのページ

ゲームが発売された初期の頃、このゲームを開発したインテリジェントシステムズのページに
パネルでポンのランキングのページがあって、(今もあるみたい →インテリジェントシステムズのパネルでポンのページへ
まだパソコンやインターネットを初めて間もなかった私は、ゲームの成績を送ったことがあるのです。
そうしたらホームページに名前が載っていて、嬉しかったのを覚えています。
(その後色々あって、ウェブ上に名前が載っているのが落ち着かなくなって消してもらったのですが)
私はメールアドレスは持っていたのですが、周りに教えてくれる人がいなかったのもあって、メールの使い方が分からず、
インターネットを始めて半年以上経つまでメールを受信することができなかったのですが、
その時私はメールの受信の仕方は分からないくせに、メールアドレスを書いていたらしく、
プロバイダのメール設定に関するページを見ながら、ようやくメールソフトの設定ができて、
初めてメールソフトを起動した時に、なぜかすでにメールが届いていて、
それは何と尊敬と憧れのインテリジェントシステムズの方からだったのです!
人生で初めてのメールがインテリジェントシステムズの方からだなんて、すっごく嬉しい。

その他インテリジェントシステムズのサイトには、パネルでポンのBGMの曲も載っていたのですが、
今はmp3が主流だと思うのですが、(mp3がない頃は、データの大きいwavファイルだった)
当時のインターネットでは、画像などのデータさえ時間がかかるほど重く、
ましてや音楽や動画なんてとんでもない!という頃だったので、音楽データを生で配布するのは難しく、
MIDIデータという音色や音階の情報などのデータを使っていたのですが、
何と今考えると大変貴重なゲームのBGMのMIDIデータが気前よく配布されていたりしたのです。
その当時はあまり深いことは考えていなかったのもあって、
ほんの僅かしかダウンロードしなかったので、そのことが悔やまれます。

様々なハードでリメイク

その後もパネルでポンは、新しいハードが出るたびに何度もリメイクされました。
処理性能の問題で全く別物のゲームになってしまっていたGBのヨッシーのパネポン、
性能が上がってだいぶ遊びやすくなったゲームボーイカラーのポケモンでパネポン、
ゲームキューブのNINTENDOパズルコレクションに入っていた、世界観が同じのたぶん正統派(?)のパネルでポンの続編、
(妖精キャラクターも復活したのですが、キャラクターは以前と変わっていて、
 ゲームキューブのコントローラーが私には扱いづらかったためか、あまりはまらず)
ニンテンドーDSで出たパネルでポンDS、とびだせどうぶつの森で遊べるどうぶつの森パネポン、
これだけ出てきたので、もしかしたらパネポンで遊んだこともある方も増えたかもしれません。

パネルでポンDS

私が意外にも印象に残っているのが、キャラクター要素などを一切廃したDSのパネポンで、
発売自体はDSの頃、2007年なのですが、遊びそびれたDSのソフトは多く、
私が買ったのはつい最近、発売から10年後の3年くらい前で(300円!)、
見つけた時は、はまりすぎるのを恐れて購入しようか大いに迷ったのですが、
楽しく印象に残っているものの一つです。
ゲーム画面はシンプルで、キャラクターとか世界観というのが一切なく
パネルでポンというゲームを純粋に遊べる感じのゲームで、
DSの頃多かった、ちょっと無機的な感じのするゲーム画面だったりします。
でもゲームのステージを選べて、ステージによって違う特徴のエフェクトとBGMが流れるのですが、
その画面が、最初の頃は変なセンスのゲームだな…なんて思っていたのですが、
馴染んでくると、何だかそのちょっと変わっている感じが妙に心地いいような、
何だか印象深くて、その後もこのゲームをすると、
BGMとともに私が今の家に越してきた頃の感覚に戻ってしまって、ちょっと不思議な印象が残っているゲームです。
(好きなステージは音楽に浮遊感のある神秘的で美しい青いステージと、
 BGMと車のエフェクトが面白い車のステージ。最初変なステージと思ったものの一つ(笑))
パネルの動きなどがスムーズで、ゲーム自体はとても操作しやすく、
パネルを消している間も無限にパネルをせり上げる設定ができるため、
画面こそ3DSに比べて綺麗ではないですが、
パネルでポンというゲームとして遊びやすいものの一つです。
とりわけはまったのがセリアゲアタックというモードで、このモードでは連鎖をするのではなく
ただひたすら素早くたくさんのパネルを消すことが高得点のコツなのですが、
ただひたすら短い時間の間に、できるだけ多くのパネルを消すというのがおもしろくて、
あと少し、あと少しとやめられなくなってしまうモードです(笑)
このモードのおかげでパネルでポンDSは封印されたわけですが。

どうぶつの森パネポン

そして最近、ようやく初めてとびだせどうぶつの森に入っているどうつぶの森パネポンを遊べたのですが、
以外にも操作性が難しくて、DS版に慣れていた私は「何!?」という感じでした(笑)
パネルをギリギリまで動かせない感じがあるというか、パネルが落ちてくるより少し早く他のパネルが動かせなくなる感じで、
だいぶ早め早めに組んでいないと連鎖が止まってしまう感じです。
どう森のパネポンはきっと操作しやすいだろうと思っていたので、ちょっと予想外でした。
ゲーム自体はそんなにたくさん追及する要素のないシンプルなものなのですが、
ふるさとチケットを入手できるのもあって、毎日ちまちま遊んでいます。
ふるさとチケットはどんなに集めても足りなくて困っていたのですが、
3DSパネポンを入手できてからはふるさとチケットに困ることがなくなり、大変ありがたいです。
ちなみに3DSを入手するためにおみくじで、ゲームコインの方はなくなってしまいました。

これからも発売されていくゲーム

書きながら、もうパネルでポンとの付き合いは25年になるのか…とちょっと衝撃を受けてしまいましたが、
ゲームの完成度の高さからして、これからも発売され続けていくのだろうなと思います。
きっとまた新作が出るたびに、スーファミでたくさん遊んだ日々のことを懐かしく思い出すのだろうなぁと思います。
Back
TOP