Game

1996年6月23日発売

N64

パイロットウイングス64

マイベスト3ゲームの一つです。というわけで長いです(笑)

NINTENDO64のハードが発売された当初、同時発売されたゲームのうちの一つで、
スーパーファミコンで出たパイロットウイングスの続編、3DSで出たパイロットウイングスリゾートの前作になります。
SFC版パイロットウイングスが1990年、3DSで出たパイロットウイングスリゾートが2011年と考えると、
パイロットウイングスシリーズはいつもかなりスパンが空いて発売されています。

NINTENDO64が発売された次の日、急にどうしても64を遊びたくなってしまった私は、
慌ててゲームショップに自転車を走らせたのですが、
最初に購入したのは同じくハードと同時発売だったスーパーマリオ64で、
パイロットウイングスのことはよく分からず、しばらくの間買いませんでした。
その後マリオ64をたっぷりと遊んだあと、そろそろ他のゲームも遊びたいなとなってきて、
まだ64で出ているソフトがとても少なかったのもあって、興味を持ったのが
同じく任天堂から同時発売されたパイロットウイングス64だったのです。
SFC版を遊んだことがなかったのもあって、自分にとっては未知のゲームです。

難易度が高め

マリオ64の明るいカラーとは違って、少し暗めのストイックな画面、
まだ立体のゲームはマリオ64以外に遊んだことはなかったし、
洋ゲーと言われるような、海外で作られているゲームというのも触れたことがなく、
(パイロットウイングス64は任天堂から出ているけれど、アメリカのパラダイム社(Paradigm Entertainment)で開発されたゲーム)
任天堂のことこまかに丁寧に作られているファミリー向けのカラーとは違い、
ちょっとだけぶっきらぼうな印象もありました。

まだ立体のゲームにも3D(サンディ)スティックにも慣れていなかった私には、
パイロットウイングス64の少しだけ難易度の高めのゲーム性は難しく、
ごくごく最初の頃は、何でこんなの買っちゃったんだろう・・・と途方に暮れました。
当初そんな風に思っていたゲームが、長年経った今でもマイベスト3ゲームに入っているというのだから、
何が起こるか分からないものです(笑)

そんな感じで購入してからしばらくの間は、自分の中で“あまりおもしろくないゲーム”という認識で、
そんなに遊ぼうとしなかったゲームでもありました。
でもスカイスポーツには元々、実際にとても興味があったというのもあって、
(パラグライダーの体験に行ったり、軽飛行機の免許の取得についての講座を聞きに行ったり)
難しいけど時々遊んでみる、そんな感じのゲームでした。

上手なプレイに触発される

転機が訪れたのは、その頃1年に1度、私の本拠地(?)千葉の幕張で開かれていた
任天堂のイベント「任天堂スペースワールド」。(その年はNINTENDO64スペースワールド)
そこの来場者にイベントのお土産として、ゲームのプロモーションビデオが配られたのです。
その頃任天堂に大層熱くなっていた私は、イベントに行って、
開発中のゲームを堪能して期待を膨らませ、
(その頃開発中のゲームはゼルダ64(時のオカリナ)やスターフォックス64など、今思うと大変豪華だった)
大好きな任天堂のお土産を持ち帰り、ほくほくでした。

そしてそのプロモーションビデオを何度も何度も繰り返し見ていたのですが、
その最後にオマケ映像として、マリオ64のお城の壁を上る技と、
もう一つ、パイロットウイングス64のロケットベルトの上手なプレイが出ていたのです。

ハンググライダー、ジャイロコプター共に、パイロットウイングス64の乗り物はどれも操作が難しいのですが、
中でもロケットベルトは慣性の影響を受けるのでとても難しく、
私にとって一番操作が難しくてどう扱っていいか分からない代物だったのですが、
狭い洞窟を見事にすり抜けるその映像を見て、凄い!と感動したのと同時に、
何となく操作の感覚が掴めたのです。
すると私のロケットベルトの腕もみるみる上達し、自由に扱うことができるようになり、
今では他のどの乗り物よりも容易に、自分の手足のように自由に扱える乗り物です。
そのスタートになったのが、そのプロモーションビデオでした。

ちなみにその宝物だったプロモーションビデオ、当時の私は様々なものを手放したいという気持ちが強かったのもあって、
数年後に思い切ってオークションで売ってしまいました。
おもしろいのですが、その時購入していただいた方がサテラビューで見知った有名な方で、
その当時もおお!と驚いていたのですが、
16年の時を経てその時とは全く別の流れで関わらせていただいているので、
縁というのは不思議なものです。

どんどん面白くなってきた

ロケットベルトを自由に扱えるようになると、途端にゲームがもの凄くおもしろくなってきて、
あれだけ難しいと敬遠していたゲームに、その後どんどんはまり込んでいきました。
私はどうも、一度おもしろい!と感じたゲームは延々と遊べてしまう性質みたいで、(メーカーの敵(笑))
このゲームも、一体どれだけの時間遊んだのか想像もつかないゲームの一つです。
乗り物を自由に扱えるようになり、(というよりほとんどはロケットベルトですが)、自由に探索できるようになり、
パイロットウイングス64自体が、その当時なので今となってはチープな画面ではあるのですが
実際の現実世界のような色合いで、当時の技術ながらも細かいところまで丁寧に作られていて、
舞台となっているステージも、とくにアメリカ合衆国のミニチュアバージョンのリトルステイツはとても広く、
探索しても探索してもし切れないような感じで、どれだけ探索したか分かりません。
だだっ広いフィールドを探してみると、グランドキャニオンや自由の女神、
ゴールデンゲートブリッジのような有名なものだけではなく、
ゴーストタウンがあったり、何かを汲み上げている場所があったり、農家の納屋に入れたり、
本当に様々な発見があるのです。
そして画面のちょっと暗めの色調も大好きになってしまいました。
画面を通してその場所の空気感を感じられるような気がしたのです。

とりわけ現実世界では、病気をしていてほとんど外に出ることのできなかった私にとっては、
ゲームの中での探索が、ある意味ちょっとリアルで、
外に出ることのできない鬱憤を受け止めてくれている部分がありました。
本当にこんな風に、空を飛んで様々な場所をいつか探索したいなと思ったものです。
母の淹れてくれたコーヒーを飲みながら、チョコレートを用意して、
コタツに入ってのんびりとゲームを遊んでいたのはいい思い出。

空気感が好きだった

難易度が高めのゲームというのもあって、長いこと遊んでいても、
オールゴールドバッジをとるまでには少し時間がかかりました。
パーフェクトを目指すというのも一つの遊ぶネタではあったのですが、
パーフェクトクリアしてからも、その空気感に触れていたくて、
何かとネタを見つけては長い間遊び続けているゲームです。

その後随分時が経ってから、続編のパイロットウイングスリゾートが出たのですが、
このゲームも結局大変お気に入りになったのですが、
やっぱり遊びこんだ64版の現実世界のようなリアルな画面と、全体的に暗い色調の空気感を感じられるステージ、
そしてその探索してもし切れないフィールドの広さは、
これが今の技術で作られて同じようなゲームが出たら、一体どんな感じになるんだろうと
思わずにはいられません。

追記

もうこんな感じのパイロットウイングスは遊べないのだろうか?と気になり、少し調べてみたのですが、
ゲームの製作を手掛けた Paradigm Entertainment は吸収合併を繰り返したのち、
今はもうなくなってしまったそうです。とても残念でならない・・・
パイロットウイングス64の続編の話もあったようなのですが、もし発売されていればどんな感じのゲームだっただろう、
同じような感じのゲームだっただろうか、
画面や作り込みやジョークはますますパワーアップしていただろうか(笑)
とても見てみたかったです。

Back
TOP