Game

3DS

パイロットウイングスリゾート

SFCのパイロットウイングス、64のパイロットウイングス64に続き3DSで出たパイロットウイングスシリーズの続編。
私は64の時にスーパーマリオ64をクリアして、まだソフトがなかったのもあって
何気なく買ったパイロットウイングス64にもの凄くはまって、かなり好きなゲームだったのですが、
どちらかというと暗い色調だった64版のイメージとだいぶ印象が違って、凄く好きなゲームだったというのもあって、
逆にしばらくの間ソフトを買うことをためらっていたゲームです。
ゲーム情報から離れていたのもあって、発売されたのに気が付かなかったからというのもあったのですが、
3DS版の画面写真を見る限り、前作とは全然違うカラーになっていて、
Miiが登場する感じの、すっかりファミリー向けの印象な感じになってしまっていて、
しばらくの間手を出すのをためらってしまったのです。

そんなこんなでパイロットウイングスリゾートを実際に遊んだのは、ゲームが発売されてから数年経ってからのことでした。
遊んでまず思ったのは、なぜ今まで遊ばなかったんだ!!という感じでした(笑)
ゲームの感じも雰囲気もとてもライトな感じで、Wiiで出たWii Sports Resortと同じウーフーアイランドという島を舞台にしていて、
確かにマニアックだった64版からすると、かなりライトユーザー向けな感じになった感じではあるのですが、
実際に遊んでみると、パイロットウイングスの面白さも十分にあり、
64版とはまた違うゲームの魅力がたくさん見えてきたのです。
それで64版のパイロットウイングス64と並んで、好きなゲームベスト10に入るほどのお気に入りゲームになってしまいました。

こんなにも64版と画面の感じは全然違うのに、時折前作で使われていたBGMが出てきたりして、
前作を遊んでいるユーザーにとっては、あぁパイロットウイングスなんだなぁと
懐かしい気持ちを感じるのと同時に、(メカホーク出てくるし)
リゾートに出てくるBGMもとてもよくて、ミュージックプレイヤーに常に入れているほどお気に入りです。
ハンググライダーの風を感じる飛翔感のある曲、(音色も素敵です)飛行機のBGM、
ゲームの中で空を飛んでいて、とても心地いい感じになれる曲。
そしてもちろん3DSなので、立体視画面で遊ぶことができるため、
ほんの少しだけゲームの中に入り込んだような気持ちにさせてくれるのです。
まぁあまり極端に入り込めてしまうものは、かえってバランスを取るのが難しくなってしまうと思うのですが・・・
私は左右で視力が違ってよく焦点がぼやけてしまうので、普段は立体視をオフで遊んでいるのですが、
時折入り込みたくて立体視をオンにして、また違う気分で遊んでみたり、
のんびりと探索してみたり、色んな遊び方ができるゲームでした。

そして島を飛んでいる中で、様々な場所でインフォメーションを見ることができるのですが、
そこに表示されるコメントが何だかちょっとおもしろくて、ユーモアの感じがほどよい感じで好きなのです。
私はこのコメントを書いた人と友達になれるんじゃないかと思いました(笑)
そういう波長的な意味でも私にとってはしっくりと来るゲームでした。

もう少しこうだったらよかったなぁ・・・というのを言うと、
私は気に入ったゲームを延々と遊びたい人なので、(←マーケティングの敵)
64版のように、ステージがもっと広かったらよかったなと思いました。
このサイズでも作り込みがされているのもあって、十分に遊びごたえがあるのですが、
何せ64版のリトルステイツを延々と探索してまわった私でもあるので、
あの規模で様々な場所を発見して、延々と浸って楽しめたらよかったなぁということもあります。
それでもなんやかんや遊べるネタを色々と考えては遊び続けるのですが・・・
好きなゲームにはずっと浸っていたい人間なので、多少雑な部分があっても、64版のように延々と飛べて、
こんなの誰も見ないかもな発見ができたり、もっとステージが広かったり、
64版のリトルステイツのようなステージがリゾート版にもあったら、画面なんかさぞや綺麗だったろうなぁとか、
そんなことをちょっと考えてしまいました。
もう一つ、フリーフライトのロケットベルトであちこちに行って雰囲気に浸ったりするのですが、
フリーフライトでも5分間の制限があって、5分たびに引き戻されてしまうのが残念。
延々とゆっくりできたらよかったなぁと思いました。
あとは、これは大画面でも遊びたいゲームだということ(笑)
その辺りだけほんの少し残念だったのですが、64版の魅力とはまた違う明るさに溢れていて、
遊んでいていい気持ちになれる大好きなゲームです。

そしてスターフォックスアドベンチャーに引き続き、このゲームにも思い出の味があって、
このゲームを遊んでいる時、よくノンアルコールビールを飲みながらスモークチキンを食べていたので、(アルコール弱いから)
このゲームのことを思い出すと、スモークチキンの味が思い出されてしまいます(笑)
とても疲れていたので、心だけでもリゾート気分に浸りながらゆっくりしたかったのです。
そんな感じで、心が随分癒されたゲームでもありました。
Back
TOP