Game

GC

スターフォックスアドベンチャー

Nintendo64の頃、まだイギリスのレア社が開発したゲームを任天堂が出していた頃、
64時代は私の中でレア社のゲームがヒットしたものが多くて、とても好きなメーカーだった。
スーパーファミコン後期のスーパードンキーコングのおもしろさと、衝撃的なくらいのグラフィックの美しさ、
その後64で出た数々のソフトのゲーム性や作り込みのレベルやゲームのおもしろさ、
私は何だか、レア社のゲームが大好きだった。
64からゲームキューブにハードが移り変わろうとしていた頃、開発されていたゲームがあって、
それはダイナソープラネット(Dinosaur Planet)というゲームだった。
見たことのない新しいキャラクターグラフィックやイラスト、視聴できる素敵な音楽、
何となくこのゲームは自分の中でヒットしそうだなという感覚があって、
開発中からずっと楽しみにしていたゲームだった。

そのゲームがなぜかスターフォックスとして発売されることになって、両方の意味でえぇ?!という感じだった。
スターフォックスは本当に大好きなシリーズで、それが発売されるというのが嬉しいというような気持ちと、
何だか見たことのないキャラクターや世界観で作られていくのを楽しみにしていたのとで、
それがスターフォックスになってしまうことで、キャラクターの雰囲気が変わったり消えてしまったりで、
何だかもったいないなぁ・・・という気持ちの両方だった。

そしてそれがいざ発売されて、早速遊んでみると、
ゲーム性はいまいちのような気がするなと感じられるゲームだった。
戦い方が単調で、何だか淡々と操作しているような感覚があったり、
スターフォックスだったけれど、スターフォックス64の時に感じたようなきらめきがなかったこと、
スターフォックスだけれど基本世界観がSFではなくて、何となくスターフォックスの世界観を壊しているように感じられたこと、
これはもしかしたら、スターフォックスとしてではなくて、
ダイナソープラネットとして出ていたらもっと楽しかったのではないかという思い、
そんな感じで、おもしろかったけれど若干微妙さが残るようなゲームでもあった。
そしてそのゲームで任天堂とコラボしたのをきっかけに、レア社は任天堂のセカンドパーティーを離脱し、
大好きだったレア社のゲームが、任天堂のハードから出なくなってしまったことも、とても残念なことの一つだった。


そんな感じの、ちょっと複雑な気持ちの残るゲームでもあったのですが、
なぜか妙に自分の中に印象が残っているゲームでもあって、それもちょっと不思議な感じがするのです。
ゲームとしてはまぁまぁだったけれど、どこかで何かが残っている、そんなゲーム。

音楽は天才的なコンポーザー、David Wiseさんが担当していて、
あまりそのゲームを遊ばなかったのもあって、他の曲はもう忘れてしまったけれど、
1曲だけ開発途中に公開された曲があって、その曲はお気に入りで今でもスマホに入れていたりする。
民族っぽい、壮大な自然を感じられるような音楽。私はDavid Wiseさんの音楽が大好きなのです。
そしてグラフィックの綺麗さ、世界観があって、自然だったり、遺跡だったり、(ついでにSFだったり(笑))
ゲームの中に壮大な世界が広がる、もっとゆっくりとよくよく見て遊んでみたかったゲームでもある。
本当はもう一度遊び直したかったのだけど、ずっと余力がなくて、結局遊び直せずにきてしまった。

そしてこれはゲーム内容と全く関係のないことだけれど、思い出の味のあるゲームでもある。
私はその頃、好きな街の好きなお店でオレンジフレーバーのココアを1杯分買ったことがあって、それがとてもおいしかったのだけど、
ちょうどそのゲームを遊んでいた頃のことだったのか、今でもスターフォックスアドベンチャーの曲を聴くと、
そのオレンジ風味のココアのことを思い出してしまう。
また飲みたいなと思っていたのに、あまり外出できなかったのもあって結局買えなくて、
次にだいぶ経ってからそのお店に行った時には、もうそれは置かれていなくて、
残念だった、そんな味だったりする。
その街は私にとって本当に大切な場所で、そのオレンジ風味のココアのことと絡まって、
このゲームの音楽を聴くと、その場所のことを思い出してしまうのもあって、
何か色々な意味で思い出のある、そんなゲームでもある。
Back
TOP