Cloudy Scape


2019/9/20

意識が深くなっている時、時々自分がどこにいるのか分からなくなってしまう感覚があった。
この世界を今まで見ていたように、確固たるものとして感じていない、
この世界を物理的に感じている意識よりも、もっと深いところで
世界を感じている感覚。
時間や場所というのも少し曖昧なものとして感じられ、
絶対的な場所、時間というものに自分がいない感覚。
そんな感覚を、とてもたくさんではないけれど、

漠然と自分の意識がそこに落ち、物理的な世界から自分の意識がはみ出て、
この世界の幻想性を認識している自分を感じることがあった。

それは以前は深い意識状態にある時、時々感じていた感覚だったのだけれど、
最近はずっとそんな感覚を感じることはなくなっていた。
そんな感覚がまた戻ってきて、
私は力んで気合いを入れて、
人間としての自分一人でがんばり過ぎていたのかもなぁと思った。

その感覚を感じている時、実のところ、
とても心細いという感覚を感じてもいる。
自分がどこにいるのか分からない感覚。
どこの時間にいるのか、どこの場所にいるのか分からなくて、
自分のいつも見知った感覚で世界を感じていなくて、
とても心細い気持ちになってしまう。
それはもしかしたら、私の目覚めが中途半端だからそう感じてしまうのかもしれない。
本当に何が起こっているのかを、もっとはっきりと理解するようになったら、
そんな風にして心細くなることはないのかもしれない。

でも意識が深くなって、とても心細く感じている時、
あぁこれでいいのだろうなとも感じている。
私の真の望みは、意識が深くなること、人間としての意識を超えていくこと、
アセンデッド・マスターになることだ。
意識が深くなっている時、あぁこの方向でいいのだろうなと思う。
心細くて呼吸が止まってしまいそうになるけれど、
本当の深い理解の中にいられるようになったらいいなと思う。

2019/9/15

深い意識の感覚を感じるようになってきて、ここ数年はとくに、
自分の中に全てがあるという感覚を、時々感じるようになっていた。
寝起きにその意識にあることがとくに多くて、
起きた時、微動だにしなくても自分の中に全てがある、
全てが自分の中で起こっているという感覚があることがよくあった。

そういえば最近そんな感覚を感じなくなったなぁと思っていたのだけど、

気候が変わって秋らしくなってきたら急に、
また寝起きにそういった感覚を感じるようになった。
それで、この感覚は久しぶりだなぁと思いつつ。

自分の中に全てがある、自分の中に全ての世界があるというのを、
感覚では時々感じるようになってきていても、
まだその本当の意味を完全には理解しきっていないなぁと感じてもいる。
何となく、もうすぐ分かりそうだなとは感じてはいるけれど。
自分の中で、自分の意識の中で全てが起こっているから、
人間として生きている生きていないもなしに、全てがあるという感覚。
自分の意識の中に、人間として生きているということも、人間として体験しなかったことも含めて全てがあるから、
それを感じるようになって、
人間として生きている必要性というのを感じなくなった。
自分の中にあることを、あえてこういった形で体験しているという感じだろうか。
でももう少しは留まるつもり。

完全に全てを超越した意識で、いられるようになったらいいなぁと思っている。

カテゴリ:深い意識

ラベル:深い意識全てがある


1